不眠症の改善は背骨の歪みの矯正から?

不眠症・・・という病名は昔から知っていました。

毎日8時間近く寝ている私には関係のないことだと思っていました。

しかし、不眠症のことをよく調べてみると、どうやら私は不眠症らしいのです。(^_^;)

不眠症とは・・・全く眠れないわけではない!

不眠症とは全く寝れない人の病気だと思っていたのですが、そうでもないらしいのです。

不眠といっても、寝たような気がしないとか、寝付きが悪いとか、睡眠の質が悪いとか・・・いろいろあるんです。

入眠障害

寝付きの悪い(30分~1時間以上)不眠症のことだそうです。

30分以上かかるようだと不眠症と言うことになるらしいのですが、私は、子供の頃から1~2時間が普通です。

この時点で不眠症ということになります。(ーー;)

中途覚醒

寝ているときに、トイレなどの用も無いのに目覚めることです。さらには、再び寝れなくなる。。。

私の場合、子供の頃はさすがに無かったのですが、40歳あたりから、夜中に目が覚めることが増えてきました。トイレに行ったりしたら、そこからまた1~2時間寝れないなんてことは普通にあります。(ーー;)

これも該当します。

早朝覚醒

これは、朝早く起きてしまう、老人にありがちな症状ですね。

私は、ここ数年、日の出と共に目覚めてしまいます。夏場だと5時には目が覚めて、そのまま眠れません。

これも該当です。。。

熟眠障害

十分な睡眠時間にも関わらず、眠りが浅くて、ぐっすり眠った感じがしない症状。

はい、私のことです。(ーー;)

 

全て該当してしまった私は、完全無欠の不眠症らしいです。ちなみに、当てはまる項目が多い方が重篤なのは言うまでもありません。

カイロプラクティックの先生曰く、交感神経のアクセルがずっと全開の状態だそうです。交感神経の緊張が異常に興奮しているということです。。。(ーー;)

 

不眠症の原因

不眠症は、自律神経失調症の症状の一つです。

副交感神経の機能が低下することで、引き起こされます。一般的な原因は下記に列挙しますが、まれに脳に障害があるケースもあるそうです。

環境原因

周囲の騒音、暑さや寒さ、明るさなどですが、私の場合は、関係ないです。

暑さや寒さは多少影響はあるでしょうが、年中寝付きが悪いですし、騒音に関して言えば、取り立てて騒々しい場所に住んでいるわけでもありません。むしろ都会にしては静かな方かと思います。

生理的原因

時差ぼけや、交代制の勤務などで昼夜が逆転することなどです。

これも私には関係ないです。海外旅行など今まで1度しかいったことがありませんし、夜間勤務も学生時代にバイトをしていたことはありますが、それにしても遠い昔で30年近く前の話です。

精神的要因

悩みや心配事、精神的なストレスなどです。

私もストレスが全く無いわけではありませんが、それほど深刻でもないような気がします。少なくとも自覚はありません。

そもそも子供の頃から寝付きは悪かったのです。暢気な子供でしたから、子供の頃のストレスなんて今以上にありませんでしたしw

身体的原因

背骨が歪んだり、病気や、それに伴う痛みなどの症状によって不眠症が引き起こされこともあるらしいです。

これが最も原因としてありそうな気がします。

背骨がズレたり歪んだりすることで、神経系が圧迫されて引き起こされるのです。

いわゆる自律神経失調症ですね。

生活習慣原因

過度の飲酒や喫煙、カフェインの過剰摂取、薬の副作用などなど、私にはあまり関係なさそうです。

カフェイン中毒ではありますが・・・もしかしてこれ?(^_^;

でも、最近は朝にコーヒーを一杯飲む位で、それ以外はノンカフェインの飲み物しか飲みませんので、カフェイン摂取としてはたぶん朝のコーヒーくらいです。

確かに朝の一杯のコーヒーは超大型のマグカップで飲んでいますが・・・お茶は、ルイボスティーか麦茶くらいしか飲みません。以前は緑茶や烏龍茶を飲むことも多かったですが、ここ数年は殆ど飲みません。夏は時々アイスコーヒーを飲むことはありますが、それでも毎日ではありません。

そもそもマグカップ1~2杯のコーヒーなら、誰でも飲んでると思うのですが・・・一般的にはこの程度のカフェインなら許容範囲内のようです。

ただ、私の不眠症がいつから始まったのかが定かではないのですが、最初に書いたように子供の頃から寝付きは悪かったのです。そして、コーヒーをブラックで飲むようになったのは確か中学生の頃です。なんとなく因果関係があるような気がしてなりませんw

だったら、止めてみればいいのでしょうが、朝のコーヒーを止めると、目が覚めないんですよねぇ。。。(^_^;

一時期、朝のコーヒーさえも止めていたことはあるんですが、スッキリ目が覚めなくて仕事どころじゃないんですよねぇ・・・その頃、寝付きはどうだったかなぁ?熟睡できてたかなぁ??思い出せない。。。。。。。

ただし、断食中は、とてもよく眠れたってことだけは間違いないです。話がそれていきますが、断食中は血中に毒素が増えるので眠くなるものらしいです。

 

不眠症を治すには・・・改善できるの???

不眠症と分かった以上は、不眠症を改善したいと思うのは当然な成行ですw

少なくとも30年以上不眠症だったので今更感がありますが・・・

今までは、寝付きの悪さとか、熟睡できないとかは、そういう体質なんだと思っていました。

でも、治る可能性があると聞いた以上は、治したいと思うのが人情です。治すことができるのなら、いや治らなくても改善できるのなら改善したいものです。

寝付きの悪さはともかく、熟睡できないのはなかなか辛いものです。若い頃は寝付きは悪かったですが、今よりずっと熟睡はできていましたので、せめて熟睡できるようになりたいです。

睡眠薬で不眠症を改善

治すアプローチとしては、病院に行って投薬で治す方法がありますが、これは、絶対に嫌!

いわゆる病院で、不眠症を治す場合には、睡眠薬が一般的でしょう。

ストレスが原因とか、なんとなく分からなくもないのですが、それでもねぇ。。。

そもそも、私は病院が大嫌いです。ましてや睡眠薬を飲むなんて・・・とんでもない。絶対に嫌!

これをするくらいなら、治らなくてもいいと思うくらい嫌です。

だいたい、睡眠薬を飲んだら不眠症が治るという意味が理解できません。。。

睡眠サプリで改善???

最近は、睡眠サプリとか不眠サプリと呼ばれるサプリメントがあるのですが、( ̄ヘ ̄)ウーン

サプリメントは、所詮サプリメントですしねぇ。

不眠症の原因を見極めた後で、必要なら検討しなくもないですが、現時点では、私はいらないかな。

あくまでも対処療法ですしね。原因を排除したいものです。

背骨の歪みなどの身体の不調を整えて不眠症改善!

不眠症を治すには、不眠症の原因を特定できないと難しいでしょう。

上述しましたように、私の不眠症の原因として一番ありそうなのは身体的な要因です。

身体的要因によって不眠症が引き起こされているのであれば、身体を整えれば、改善される可能性がたかそうです。

身体を整えて自律神経を整える治療と言うことになるのでしょうか。

不眠症は、自律神経失調症の一種ですから、そういう治療ですね。

カイロプラクティックとか、整体とか、鍼灸などがあります。この辺の治療法は、私にとってはなじみがあるので、抵抗は一切ありません。

 

自律神経失調症の症状

ちょっと余談になりますが、自律神経失調症の症状には色々あります。不眠症もその一つですが、他にも冷え性の症状も私はあります。これは若い頃はなかったのですが、40歳くらいから顕著です。

ここに掲載されている自律神経失調症の症状をみているといくつか該当します。

寝つきが悪い、目の疲れ、手足の冷え、汗をかきやすい、頻尿、残尿感、集中力の低下、記憶力の低下、不安な気持ちになる、緊張しやすいなどなど。

自分では結構健康体だと思っているのですが、こうしてみると、自律神経はかなり怪しいです。

自律神経失調症の場合、上述した不眠症の原因以外にも、生活習慣やホルモンバランスなどが原因になる可能性はあります。もちろん不眠症もそれが影響している可能性は十分にあるでしょう。

生活習慣に関して言えば、かなり節制している方だと思うのですが・・・

 

背骨が歪んでいる

私は、背骨に歪みがあるのは分かっているので、そのあたりに原因があるのでは無いかと思っています。

そういえば、整体師に首の骨がへチャゲていると言われたことがあります。大昔に何か強い衝撃でなったんじゃないかとのことでした。

私の場合で言えば、子供の頃からの不眠症です。となると、子供の頃に、階段から落ちること数階。自転車で骨折すること一回。

このあたりが怪しいです。そういえば、自転車で転んだ頃から視力も落ちたような気がします・・・

 

これが原因で背骨が歪んでいるのであれば、矯正である程度治る可能性がありそうです。年数が相当経っているので、骨が変形していなければいいのですが・・・(ーー;)

というわけで、まずは背骨のズレと歪みを解消することで不眠症を治すことを考えてみることにします。

骨のズレとなれば、カイロプラクティックです。

骨が歪んでいるのが原因なら鍼灸で治すというわけにいかないですし、整体は既に通っているのに治らないということは、骨に直接アプローチしてもらうのが一番良さそうです。

カイロプラクティックと、柔道整復師の行う整体って似ているような気もしますが、実はかなり違うらしいです。どっちかって言うと、私の中では、カイロプラクティックは原因治療で、整体は対処療法に近いイメージです。

特に保険診療の整体は、かなり浅い整体で、一方のカイロプラクティックは深い整体ということになります。自由診療の整体院の整体ならカイロプラクティックに近いか、殆ど同じような整体の可能性はあります。

整体と言っても整体師がカイロプラクティックを学んでいることもありますので、カイロっぽいことをやっている整体院も少なくはありません。

そういう意味ではカイロプラクティックで無くてもいいのかもしれませんが、いろいろ探してみた感じだと、整体院はどうしても癒やし系が多いような印象です。しかし、私が狙うのは骨のズレを直接治してくれるようなカイロプラクティックです。

特に、頸椎の一番、二番のズレを矯正してくれるようなカイロプラクティックをメインに考えています。

ただ、上部頸椎は、背骨の中でも極めてデリケートな部位です。いきなり触診だけで矯正されるのも多少怖さがあります。ましてや私の場合は骨の変形の可能性さえ否定できません。となると、レントゲンで確認してくれるような院でないとリスクがありそうです。

整体院でレントゲンを確認するなんてまず聞きません。カイロプラクティックは本来はレントゲンで確認しながら施術するものだと思いますが、日本ではレントゲン撮影をカイロプラクターができないこともあって、カイロプラクティックでもレントゲンなしのところは少なくありません。

軽いノリの整体院は良くも悪くも気軽に通えるので、今回は本格的なカイロプラクティックを選びたいと思っています。

カイロプラクティックといっても色々あるのでその辺りの話は下記を参照してください。

不眠症改善その1:カイロプラクティックに行ってきた!

とりあえず、行ってきました~~~結局は上部頸椎に重きを置く遠い方のカイロプラクティックに行きました。

先生もとっつきやすくて、いい感じでした。

さすがに、一度で治るというわけにはいきません。

30年以上の歪みですから、ある程度時間がかかるのは致し方のないところでしょうねぇ。

一応、原因となりそうな首のズレはあったので、これを治した後、不眠症が改善されないようなら、また別の治療法を検討したいと思います。

 

基本的には自律神経失調症の治療ということになるのでしょうが、不眠症という点でみれば、セロトニン活性療法なるものもあるらしいので、これを検討しています。

一応、エビデンスがあるそうなので、興味のある方は確認して見てください。

ただし、施術内容としては、頭蓋骨調整、内臓調整と比較的ありがちな施術に、セロトニントレーニングというセルフケアが加わったような感じのようです。

この療法自体は不眠症というよりは自律神経失調症に効果的ということのようなので、不眠症以外の方にもいいかもしれません。

ただし、上述の通り、ありがちな施術方法ですw

 

他には、鍼でしょうか。

鍼好きな私ですから、鍼も試してみたいと思っていますw

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ