ダイエットの基本は、消費カロリー > 摂取カロリー

ダイエットの基本は、消費カロリーを摂取カロリーより多くすることです。消費カロリーの方が多ければその分だけ痩せていくことになります。

巷にあるダイエット方法の大半はほぼこの原理原則に従っています。

色々な方法がありますが、単純に食べる量を減らすのが最も簡単な方法です。

しかしながら、これで10kg以上痩せられるのかというと、そうは簡単にいきません。

2~3kgなら簡単に痩せるでしょうが、10kgともなると現実的には難しくなってきます。

というのも、摂取カロリーはコントロールしやすいですが、消費カロリーのコントロールはなかなか厄介なのです。

消費カロリーは、同じ生活をしていれば、ある程度一定に保ってくれそうなものですが、ダイエットを始めると身体はそれに対応しようとし始めます。

すなわち、摂取カロリーを控えると、その摂取カロリーに応じて基礎代謝を減らし始めます。そのため、同じような生活をしていても暫くすると消費カロリーも下がってきて、消費カロリーと摂取カロリーのバランスが取れるようになってしまいます。

バランスが取れているので、太るわけではありませんが、痩せることもありません。

停滞期といわれるものです。

ちなみに、体温が0.2度下がったら基礎代謝が低下していると考えられますので、基礎代謝を戻してやらならいいけません。ですから、ダイエットをするのなら毎朝起床時に体温を計測しておいた方がいいでしょう。

そして、体温が下がってきたら、そろそろ今のダイエット方法の限界なので、別の方法に切り替えます。

ドカ食いで基礎代謝を上げろ!

基礎代謝が下がってきたらチートデイと称して、摂取カロリーを増やしてやることで身体を欺して、基礎代謝を元に戻す方法があります。

こうすることで、もう一段痩せようとするのです。

チートデイを挟むことで基礎代謝が戻るはずですが、それでも以前のようにはいきません。

身体もそう簡単に欺されませんから、痩せるペースは間違いなく落ちていくのです。

例えば、糖質制限のダイエットをしていてもこのような状況になりますが、怖いのが痩せなくなったときに更に糖質制限してしまうことです。

糖質制限をしたからと言って痩せるわけでないのです。

逆に、身体にとって糖質は3大栄養素の一つですから、とても重要な栄養素です。その糖質が入ってこないとなると、体調を崩し、最悪の場合はしに至ることさえあるのです。

従って、ダイエットにおいて摂取カロリーを控える場合には、PFCバランスを崩さないで全体的に量を控える方法が重要なのです。

短期的なダイエットであれば糖質制限することで痩せやすいのですが、これもあくまでも短期的なダイエットの場合であって、これを数ヶ月に渡って行うのはかなりリスキーです。

太る食い合わせ

糖質や脂質は忌み嫌われますが、身体にとってはとても重要な栄養素です。本来はこれらも含めてバランス良く摂取しなければなりません。

そもそも、糖質や脂質単体ではあまり太りません。

太る原因としては、糖質と脂質を同時に大量摂取することに起因すると考えて良いでしょう。

ですから、糖質と脂質の組み合わさった食べ物はできるだけ避けておきたいのです。

例えば、コロッケ、ドーナツなどは、糖質を脂質でコーティングしている太る典型な食べ物なのです。こういうものを食べているとどんどん太ることになるのです。まあ、おいしいですけどねw

脂がたくさんのステーキだけを食べても、案外太らないんです。これと一緒にご飯もたくさん食べると太るということになります。

ダイエットとPFCバランス

PFCバランスを崩すダイエット方法がおすすめです。

  • 糖質制限ダイエット
  • 脂質制限ダイエット

ダイエットにおいては、たんぱく質はとても重要なので、積極的に摂取しておく必要があります。

糖質の制限を行います。

別に糖質を一切摂ってはいけないということはありません。糖質を積極的には摂らなくするだけです。

ごはんやパン、小麦を減らして肉食獣と化します。例えば、ご飯を食べずに、脂たっぷりのステーキだけを食べるのです。

これで基礎代謝が下がってくるまで継続します。

ここで停滞期がきたら、次はチートデイを挟んで、脂質を制限します。

この時、糖質は摂取しなければなりません。というのも、糖質も脂質もエネルギー源になる栄養素ですから生きていく上には欠かせないのです。

糖質も脂質も制限してしまうと、基礎代謝がどんどん低下していってしまいます。

まずは、日常生活に必要なエネルギー源として糖質を摂取します。

食事は、なるべく脂分のない食事に切り替えます。鶏もも肉よりは胸肉、ささみ。さらに油で焼くのではなくゆでれば更に脂質が減ります。

典型的なダイエット食という感じですね。

このときご飯やパンを食べてOKです。というか、食べましょう。ケーキなどは脂質が多いのでNGですが、和菓子なら問題ないでしょう。

しかし、あくまでもタンパク質が主役になるようにしてください。

糖質と脂質がエネルギー源なら、タンパク質は身体を作る原材料です。たんぱく質が少ないと身体が衰えていき、基礎代謝も低下してしまいます。

これで基礎代謝が低下してくるまで継続します。

基礎代謝が下がってきたと思ったら、一旦ダイエットは終了とします。

基礎代謝が戻ったら、また糖質制限から行い、以下を繰り返すのです。

運動も大事

ダイエットの食事という点では、以上でいいのですが、運動はできれば行いたいです。

有酸素運動をしなければならないということはありません。

有酸素運動はダイエットに良いとされていますが、たとえばランニングや水泳をしても大して痩せませんw

ケーキ一個はおよそ300kcal、これをジョギングや水泳で消費するには30分かかります。自転車なら1時間です。

慣れない人がジョギングや水泳を30分するというのはかなり困難ですから、かなりハードルが高いと言わざるを得ません。

かといって、ダイエットに運動は必要ないかというと、筋力の低下による基礎代謝の低下が嫌なので、できれば運度はしておきたいところです。

おすすめは筋トレです。

よく筋トレして、筋肉ムキムキになるのがいやだと言う人がいますが、心配ありません。

食事やトレーニングを徹底しない限りそう簡単に筋肉ムキムキになんてなれやしません。ましてや女性なら尚更です。

ボディビルダーのような身体になるためにはかなりストイックに鍛えなくてはなりません。ちょっとした重さのダンベルを上げ下げしたり、腕立て伏せやらをしたところで筋肉痛にはなるかもしれませんが、筋肉ムキムキにはなれないのです。

筋肉ムキムキになりたければそれ相応の努力がいるということです。

ですから、安心して筋トレに励んでください。

筋肉量が増えると、基礎代謝があがりますから、より一層痩せやすくなりますし、ダイエットを止めた後も太りにくくなりますので一石二鳥です。

筋トレが嫌なら有酸素運動でも構いませんよ。とにかく何らかの形で筋力アップを図りましょう。

半日断食なら簡単に体調維持&ダイエット効果も!

最も簡単なダイエット方法は食べないことです。極端な話、断食をすればダイエットできちゃいます。私も数年前に断食をしたことがあるのですが、だいたい1日に1kgのペースで落ちていきます。といっても、限界があるわけで、そのままの1ヶ月断食すれば30

水泳でダイエットはできるのか?

私は、170cmで体重は60kg弱です。若干、お腹周りに脂がありますが、一応腹筋が見える程度ですから、そんなに大したことはないので、50歳近い年齢を考えれば、ダイエットの必要はない体つきだと思います。

与沢翼のダイエットにみるストイックさ

2018年夏、与沢翼さんが、ダイエットの様子をtwitterで呟いていますが、これがなかなか凄い。与沢翼さんに関してはあまりいい印象を持っていなかったのですが、この一連の呟きをみてて「やっぱり結果を出す奴はデキが違う」ことを実感させられまし

更新日:2021/03/08 8:40:01

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。