ホームジムって、本格的にやろうとすると、床の補強とか、防音、防振の対策がどうしても必要になってきます。

私は、無垢材の床でダンベル持ってトレーニングしたことがありますが、床が傷つかないか気が気でなくってトレーニングに集中できませんでしたww

一応、ちょっとした敷物は敷いてはいたのですが・・・

もし、パワーラックなんか買おうものなら、床対策は必須です。

ホームジムの防音対策

ホームジムを作る際に、床の補強を兼ねて、ベニア合板を下に敷いてその上にゴムマットを敷くという方法が一般的でしょうか?

これはある程度の防音対策にはなりますが、大して防音の効果はないでしょう。

筋トレじゃなくて、自転車のローラー台なんかをこの上に置いて漕いでみたら、たぶんかなり音が響き渡る筈です。

もちろん、振動も。

できれば、防振マットを敷いてその上に防音マットを敷いて・・・と考え出したらキリが無いのですが・・・

そこで、いいのをみっけましたw


これなら、買ってきて置くだけです。少々お値段が高めなのですが・・・

とはいえ、自作で作ってもちゃんとしたものを作ると4~5万円くらいかかると思うので、それならこういうのを買った方が簡単で確実ですね。

アルミフレームで囲まれていますから、恐らく重さも全面で床に伝えてくれるのではないかと思うので、ある程度の床補強にはなりそうです。

木造の家だとどうか分かりませんが、マンションなんかだとこれで十分なのかなぁ???って思います。

自転車のローラー台の下に敷くのならピッタリです。この商品は長方形タイプですが、正方形タイプもありまして、それだとだいたい2畳くらいの大きさで10万円ほどです。

10万円もするのか???と思うのですが、10万円で気兼ねなくトレーニングできるなら悪くないかなぁとも思ったりします。

武器屋.net

これの難点は、厚さと、大きさでしょうか。

厚さは約7cmあるので、天井が低いとパワーラックを設置するのに支障があるかもしれません。

とはいえ、自作で床を補強しようとしても結局はそれなりに厚さは必要となりますから、7cmなら仕方ないのかなとも思います。

大きさは、長方形タイプで奥行き2.58mとなっています。

ベンチを使うには問題ないでしょうが、ベンチを使わないときに除けようとすると、微妙な感じですね。

この枠からベンチを下ろすとなると、面倒ですし、かといって、この枠内で邪魔にならないようによけれるのか?もやや心配なところです。

これを2つ並べるなんてこともありかもしれませんが、そこまでするなら、もはや本格的に施工した方が良さそうな気もしますね。

そして、結構重いです。

長方形タイプで87kgもあるのです。なんだか、これだけで床が抜けそうだよ・・・ヾ( ̄o ̄;)オイオイ

ついでに、組み立て式のようです。

逆に組み立て式でなければ、どうやって設置するんだよ?!ってことになりそうですね。

あと、ウエイトリフティングのように、バーベルを投げ捨てたりすのには対応してないようですのでご注意ください。

そういう場合は、別途プラットフォームを買って貰う必要があるでしょう。それだけでいいのか、どうかは知りませんが・・・

一般的な床補強

一般的なホームジムの床補強は、ベニア合板を下に敷いて、その上にゴムマットを敷きます。

これが一番簡単なところでしょうか。

ベニア合板の下にさらにゴムマットを敷けば更に良し!というところです。

ただし、これだと振動を吸収するのがゴムマットだけですから、ダンベルやバーベルを落としてしまうとそれなりに響いてしまうはずです。

それでもベニア合板を敷いているので、合板全体で重さは支えてくれるので、床への負担は減りそうです。

壁紙わーるど

でも、合板ではなくて、こういうボードを敷いた方がいいんでしょうね。

価格は1畳で16,335円ですから、2畳でも35,000円でおつりがきます。

更にゴムマットも本格的なものがおすすめです。

ここまで頑張ればなかなかなものです。ここまで頑張って、防音対策したら、プラットフォームものっけてバーベルを投げ捨てたくなりますね。ヾ( ̄o ̄;)オイオイ

ビルの上階にあるジムの防音

最近、24時間ジムなどがビルの中にオープンするケースが多いのですが、1階ならともかく2階以上にオープンすることが多い(その方が賃料が安い)ですから、いつも気になるのが階下からクレームが来ないかという点です。

私が通っているジムは、建物全体がフィットネスジムで、筋トレスペースは2階にあります。1階の更衣室にいると2階でダンベルかバーベルを落とすと凄く響いてくるんです。

24時間ジムなんかでは大丈夫なのか?と常々、他人事ながら心配だったりするのですww

私が以前通っていた初動負荷トレーニングのジムはどうも階下からクレームが入っていたようです。初動負荷の場合、重いものは扱わないし、振動も少ないこともあり、床はたいして対策を講じてなかったのでしょう。

24時間ジムなどの場合は、マシンのフロアよりフリーウエイトのフロアの方が若干床が上がっています。あれは、防音・防振の対策をしているのでしょうね。

https://www.sonorize.jp/boushinmatzs

恐らくはこんな感じになっているんじゃないのかな?

だから、本格的なホームジムを考えるのなら、こういうのをイメージすればいいんでしょう.

そういえば、私が通っているジムでは、こういう床補強のようなことは一切していないようです。

建物自体も築30年以上の古い建物で、コンクリートの上にちょっとしたマットくらいしか敷いていない感じなのでダンベルを落とすとものすごく音が響いちゃいます。

でも、ビルのテナントとして入るとなるとそんな暢気なことは言ってられませんから、床の防音防振対策はしっかり取り組んでいる筈です。

ということは・・・そういうジムと同じような対策さえすれば、自宅でも完全な防音防振はできるということですよね。

マンションなんかでも大丈夫なのでしょう。

言っちゃ何ですが、パーソナルジムの中には結構いい加減な対策しか講じてないところも多いような気がします。

女性のダイエット向けのパーソナルジムなら大した重量も扱わないので不要なのかもしれませんが、これまた他人事ながら気になるところです。

更新日:2021/04/29 11:16:43

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。