固定ギアでペダリング向上計画

ペダリングの話を以前書いたのですが、その続きです。すっかり忘れてました。。。

ペダリングの練習なら固定ギアがいいと昔から言われています。

固定ギアというとピスト車なわけですが、わざわざピスト車を買う余裕はないです。といいますか、ここで後述する話を検討するのならトラックレーサーを買ってもいいのかも?なんてことを思ったり思わなかったり・・・

スピンバイクでペダリング向上

最近でいえば、スピンバイクとかスピニングバイクとか呼ばれる、フィットネス用の固定バイクは固定ギアになっています。通常のスポーツクラブ等においているのはフリーになっていますからダメですけどね。

これを買うのもなんか嫌ですよね。スピンバイクは比較的静かですから自宅で使うのはいいのですが、そもそも邪魔だし、いらなくなったときの処分も面倒そうですし、いいものは高いし、安物は・・・というわけで、二の足を踏んでしまいます。

そもそもスピンバイクって、ロードレーサーとは微妙に異なります。サドルやハンドルやペダルやなんだかんだと見た目的には似ているのですが、実際に乗るとなると違和感があるのも事実です。

ペダリングの向上を目指しているのに、実際のロードレーサーと異なる乗り物で練習するのもどうか?って思うところです。

ところが、これらの問題点をクリアしてくれるスピンバイクがあるので、紹介してみたいと思います。

色々探してみましたが、私が買うなら現時点ではこれしかない一品です。

タキザワ パワーマジックマグプラス

それが、タキザワのパワーマジックマグプラスです。

はっきり言ってしまえば高額です。ハンドル・ステム・ペダル・サドルなしの状態で10万円ほどします。

しかし、ハンドル・ステム・ペダル・サドルなしですが、それらは通常のロードレーサーの部品が使えるのです。こんなものをわざわざ買おうという人ですから、余ってるハンドル・ステム・サドル、ペダルくらい持っているんじゃないですか?

従って、見た目はともかく、身体が触れる部分に関しては、通常のロードレーサーになります。

しかも、静か静か静か。大事だから3回書きました。静かです。

動画を見る限り音や振動の点でも最強の部類だと思われます。実物を見たわけでもないので想像ですが。。。ヾ( ̄o ̄;)オイオイ

スピンバイクを買うならもうこれしかないという感じです。問題は予算と置き場所だけ・・・あと、Zwift公認ではありませんw

固定ギアのホイールをロードレーサーにつけちゃおう!

スピンバイクはちょっと買えないな、じゃあ、どうしようか、というとロードレーサーに固定ギアのホイールをはめちゃえ!!!ってところでしょう。

ホイールだけ交換して、なんちゃってピスト車の完成です。

ホイールなんてそんなにいいものはいりませんが、ハブはホワイトインダストリーズのエキセントリックハブを使います。

ロードレーサーで固定ギアを使うのチェーンを引っ張るのが手強いのですが、このハブを使うとチェーンを引っ張るパーツが不要になのでロードレーサーのフレームでも使えるのです。

で、このハブを使ったホイールの値段ですが、ハブ自体が2万円ほどしますから、ざっと3~4万円ってところでしょうか?

買えない程高くはないとは思いますが何か微妙に高いですよね。それに、実は、ピスト車は安物でよければ3万円くらいから売られているのです。

さすがに、無名のかなり怪しいバイクにはなりますが、一応完成車として買うことができます。さすがにちょっと怪しすぎるので、名の通ったメーカー製ならどうかというと、FUJI、メリダ、 シュウィンなどが比較的安価なピスト車を販売しているようで、うまく買えれば5万円強くらいから買えます

ちなみにFUJIのFEATHERの場合7万円ほどですが、固定ギアではなくてフリーギアが付いているようなので、ギア代1,500円程度余計に必要です。

他には西麻布にあるショップDinerのオリジナルブランドがCartel Bikesってのがありまして、この辺なら6万円ほどで買えてしまいます。

ピスト車ではなくていわゆるシングルスピードとして売られているフラットバーのバイクだとシュウィンでも3万円代で買えたりします。

ローラー台にしか乗らないのならそんなにいいものは必要ないですから、この辺でいいのかな?と個人的には思っています。

それでも、ピスト車を買った場合、ハンドル周りは手を入れてやる必要があります。

ハンドル、ブレーキレバーは交換して、場合によってはステムも交換してポジションを出した状態でトレーニングしたいですからね。

例えばブレーキレバーは、ソラリスあたりならSTIで5,000~6,000円で入手できますから本体プラス1~2万円です。

STIレバーである必要はないので、もっと安いブレーキレバーもありますが、シマノ製なら4,000円位はします。ただ、ピスト車を買おうと思っているような人なら余ってるブレーキレバーもあるんじゃないですか?(^_^;)

本体と合算すると7万円程でしょうか。結構な金額になってきました。あ、そうそう、ペダルも別売が多いのかな?とは思いますが、ペダルは余ってますよね。

シングルスピードとして売られいるバイクの中にはロード用のブレーキレバーが付いたものもあるようですから、そういうのを選ぶといいのかもしれません。が、選択肢はかなり少ないので・・・

ちなみに、上述した固定ギアのホイールをロードレーサーに導入した場合は、ホイール以外に必要な物はギア・ロックリング・チェーンくらいです。ただし、余ってるロードレーサーがあればいいのですが、ない場合は逐一チェーンを外してホイールを付け替えるというかなり面倒な作業を強いられます。

私はそんなことはしたくないですので、ピスト車を検討したいと思います。。。そして、FUJIのFEATHERやTRACK ARCVにかなり惹かれています。

もしくは、別途ロードレーサーを買って固定ギアホイールをつけるか・・・

こっちの方がトータルで考えると安いのかな。現実的な選択というか・・・ピスト車だとそのうち使わなくなりそうな気がしなくもないしねぇ。

固定ギアでしかもエキセントリックハブを使わない方法も当然ながらありますが、この場合、リアディレーラーを外してチェーンテンショナーをつけて・・・とかなり面倒です。完全に余ってるバイクを使うとか、シングルスピード化する気があるとかでないと、あとあと面倒です。ただし、この方法の方が安価にできる可能性は高いです。

固定ギアを入手したら次は三本ローラー

固定ギアの自転車の準備ができたら、次は、ローラー台です。

ローラー台は、いうまでもなく3本ローラーが理想です。ただし、フリーギアでもまともに乗れない初心者が固定ギアで乗れるのか?という疑問がありますけど、まあ、頑張れば、そのうち乗れるようになるでしょう!!!

どうしても自信がない人は後輪を固定するタイプにしておいた方がいいとは思いますが、この記事のテーマはペダリングのスキルアップですから、この点からしても3本ローラー必須ですw

では、どの3本ローラーがいいのか?

いろいろあるのですが、私個人的には、 グロータックのGT-Roller Q1.1の一択です。3本ローラーの紹介なのに4本ローラーなのですが・・・

GT-Roller Q1.1であれば、負荷装置も別売されていて、ZWIFTでもスマートトレーナーとして楽しめます。

音も比較的静かですし、3本ローラーよりは安定するようです。音が静かでZWIFT対応というだけで私の中では決定的です。

最大の欠点は、高い。とにかく高い、高すぎる価格でしょうか。10万円弱します。

負荷装置などのオプションをいろいろひっくるめると20万円が見えてきます。さすがに全てのオプションはいらないでしょうけど、10万円代半ばは確実に必要となるのが、かなりの問題です。

ピスト車代と合わせて、2~30万円。はたして回収できるほどの成果を得られるのか・・・

一応、買うためにもう一押ししますと、ZWIFTなどをするなら、3本ローラーでやった方が、絶対的にしんどいです。なぜならバランスをとる必要があるからです。

自転車が固定されてしまいますと、体幹は使わずに休むことはできますし、何より簡単に脚を休めることができます。一方3本ローラーなら、実走と変らない負荷をかけて走れるわけですから、そりゃぁトレーニングとしては3本ローラーの方がいいに決まってます。

ピスト車の導入をやめても3本ローラーは導入した方がいいくらいです。

ストイックにやるならそうなんですが、今ひとつやる気が出ないときは、3本ローラーはキツいですね。そういう意味では固定ローラーやスマートトレーナーの方が無難なのかな?とは思ってもいます。

GT-ROLLERの最大の欠点は4本だということです。4本ローラーで、とても乗りやすいのです。そうです。3本ローラーよりフラフラしにくいので、ペダリング矯正という用途だと、若干物足りない・・・のです。そのくらい簡単に乗れてしまいます。

私も実際に持っていますので下記を参照してみてください。ブランク30年でもすぐ乗れましたから、初心者の人でもすぐに乗れるようになるはずです。ということは多少ペダリングがおかしくても乗れてしまうのですが。。。

静かさ最強の3本ローラーがGT-Roller Q1.1

はぁ。。。というわけで、私は、3本ローラーと固定ギアの組み合わせによるペダリングスキル向上大作戦は中止となりました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ