ハイエルボーなプルは実は簡単だった

一般的に水泳で言われるのが、ハイエルボーです。

ハイエルボーなプルができれば、速く泳げるというわけですよね。

ハイエルボーなプルができない

ハイエルボーなプルは、どうすれば、できるのでしょうか。身体が硬くてできないというのは、ここでは無視します。柔らかくなってくださいw

単純に、前に伸ばした腕をそのまま肘を緩めればいいのですが、緩めるというのはなかなか難しいものです。

特に、我慢の手をすることで、伸ばした腕に体重がかかってきており、腕や肩は緊張状態になっていますから、その状態で肘だけを緩めるというのはそう簡単な話ではありません。

肘を緩めるのなら、腕にかかったテンションが緩んでいて欲しいところです。

となると、イメージとしては、スイッチの瞬間、すなわち、リカバリーの腕が入水する瞬間はタイミングとしては良さそうです。

スイッチすることで体重が反対側の腕に分散し始めていますので、腕にかかっていたテンションも緩んでいます。このタイミングなら肘を緩めることもさほど難しくないでしょう。

まさに、絶妙なタイミングです。あとは、できるか否か・・・ちょっとタイミングとしては遅すぎる可能性もなきにしもあらず。

孫楊のハイエルボー

孫楊の泳ぎを見ていても、ローリングが最も深い時から浅くなっていくタイミングで、肘が90度に曲がっているように見えます。

すなわち、プル側の腕がフィニッシュした瞬間が最もローリングが深くなっている時で、そこからリカバリーしながらローリングが次第に浅くなっていきます。

リカバリーの腕が頭の辺りに来たところで、肘が曲がり始めます。キャッチが始まるようです。同時に入水も始まります。

ですから、だいたい頭のちょっと前辺りで両肘が一瞬揃う感じになります。入水してそちら側に体重を一気に載せる瞬間からプルが始まるのです。

余談ですが、上記の写真を見ると、思ったより、ストリームラインって崩れてますね。やっぱり、泳いでいるときはけのびの時のようなフォームというわけにはいかないんですね。

ハイエルボーって案外簡単?

なんてことを考えていたわけですが、孫楊のようなフォームで泳いでみたら、案外簡単にハイエルボーなプルができました。もちろん、映像で自分の泳ぎを確認したわけではないので、自分で思っているよりは下がってる可能性は否定しません。(^_^;)

よくは分からないのですが、意外に腕にテンションがかかっていないようで、簡単に肘だけ曲がりますし、そのまま引っ張ってしまえますw

当たり前なのですが、癖があるのと、それなりに、しかも慣れない筋力を使うので、そう簡単にこれで泳ぎ続けることはできませんが、形だけならそれっぽくできてしまいました。

決して私が柔軟な肩をしているというわけではありませんし、むしろ硬い方だと思うのですが・・・

前のフォームだとできなかったので、フォーム全体の問題なのか、はたまた、横っ腹の柔軟性が高まったおかげなのか・・・左手はこのフォームでも今ひとつなので、きっと柔軟性が影響しているのは間違いないかな。

ハイエルボーは脱力だけでできてしまう

ハイエルボーを実現するためには、いろいろ頑張る必要はないようで、簡単な話ですが、スピードが上がれば、勝手にできてしまう代物です。

つまりは結果論に過ぎない、と私は結論づけました。

十分なスピードが出た状態で、肘を緩めると、勝手に曲がります。その瞬間にキャッチすればいいだけだったわけです。

柔軟性の有無は、直接的にはさほどの影響は関係ないといえそうです。そうはいっても私の左腕のようにロックしてしまうケースもありますから、最低限の、腕、肩、背中の柔軟性は必要だといえるでしょう。

スピードが出ていない状態で、ハイエルボーしようとするから沈んでしまったり色々弊害が起こるのですが、スピードが上がってくれば自ずとできてしまう印象です。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

2018年6月29日水泳ハイエルボー水泳

Posted by encoo