正しく綺麗なストリームラインでけのびを攻略

速く泳ぐ為に最も大事なのがストリームラインです。

水泳の基本ですね。

まずは、伏し浮き、そして、けのび。

水泳の基本中の基本ではありますが、大人になってから水泳を始めた人の多くはおろそかにしている部分ではないでしょうか?

そもそも、けのびってやってみると難しいですよね。

簡単そうで難しいのがけのび

けのびは力強く壁を蹴ることができれば、5mくらいなら比較的簡単にいきますが、その先はなかなか難しいのではないでしょうか。私もだいたい7~8mで失速します。

水泳は速度の2乗(3乗)で水の抵抗が増えると言われていますから、ただ単純に初速を速くしたところで水の抵抗が大きければ距離は伸びません。それが、けのびをやってみると顕著に現れるのでしょう。

けのびの距離を伸ばすために必要なのは正しいストリームライン

では、けのびの距離を伸ばすためにどうすればいいのか?というと、水の抵抗を最小限にすることです。

その形がストリームラインです。

ストリームラインは、水の抵抗が最も少ないとされるフォームで、水泳の基本姿勢です。

けのびだけでなく泳ぎ全体で見た場合水の抵抗を小さくするのはストリームラインだけではありませんが、けのびで水の抵抗を最小限にするのはストリームラインが最も重要です。

この姿勢ができないと、どんなにチカラを入れても、水の抵抗が邪魔をしてスピードアップに繋がりません。

どこかのブログに、けのびが7~8mだったのが、ストリームラインの練習をしたら15mいけたような記載をみたことがありますが、その位はいけるんじゃないかと・・・私も目論んでいます。

けのびで15m、せめてプールの真ん中の12.5mまでいけると、泳ぎが随分変りそうです。

けのび10m達成!

2018年8月末現在10mくらいまでいけるようになりました。かなりプールの底ギリギリのところ突き進む感じでなんかインチキくさい気もするけど、とりあえず距離を稼ぐことが最優先ということで・・・

何が変ったかというと、大胸筋の裏側辺りの筋肉が少し動くようになったので、すこしストリームラインの形が改善したように思います。まだ腕が上がりきらないので、それができるようになれば、プールの真ん中まで行けるんじゃない???

ストリームラインの姿勢

ストリームラインというのも日々進歩していて、昔と今では随分変ってきています。

昔は頭の後ろで手を組んでいましたが、最近は頭を腕で挟むのが主流のようです。それでも耳を腕で挟むのか、耳の後ろに持ってくるのか、いろいろあるようですが、私の意見としては、身体と相談、という気がします。理想論としてはどうするのがいいというのがあるのでしょうが、身体が硬いとその通りにはできないわけですから、自分の身体と相談して、どうすれば一番身体が真っ直ぐになるか?で決めればいいでしょう。

また、腹圧という言葉を聞く機会も多いかともいますが、腹圧を入れてお腹を引っ込めて背中を真っ平らな感じにするスタイルです。

これが、とてつもなく難しい。そもそも背骨がS字なのだから真っ平らになるわけがないですが、鏡の前に上半身裸で立ってみて、骨盤の角度を調節したり、みぞおちを上げてみたり、猫背気味にしてみたり、お腹を引っ込めたり、動きそうなところを動かしてゴニョゴニョしていると、平らっぽくはなります

背中を反らないようにしながら体幹を固めてやると、結構それっぽく見えます。恐らくこんなところではないかと思います。こういう姿勢をとると否が応でも腹圧が入ってきます。腹圧は入れるのではなくて入ってしまう。

でも、この背中が真っ平らっぽくなった時に、腕の位置を見てみてください。ちょっと前に倒れてないですか?

倒れてなくて、背中と一直線になっている人は、おめでとうございます。ストリームラインの完成です。

そうでない人は、多いはずです。きっと大人になってから水泳を始めたほとんどの人ができていない筈です。できるわけがない。だって私は全然できません・・・

上記の記事でも書きましたが、背中をまっすぐにしようとすると、腕が下がります。腕をまっすぐにしようとすると、腰が反るのです。

大人になってから水泳を始めた人は、柔軟性が邪魔をしてなかなかこの姿勢がとれません。

ストリームラインができていません!といわれたところで、すぐにできるわけがないのです。だから、コツコツと身体を柔らかくして、正しいストリームラインに近づけていかなくてはなりません。

柔軟性と簡単に書いていますが、実際はもう少し複雑です。先日も、整体に行ったときにストリームラインができないという話をしていると、「背中とミゾオチあたりが緊張していますね。前は背中のせいでしょうから背中の緊張がとれたら腕も上がると思うんですけどねぇ」なんてことを言ってました。

そうはいっても自分であっちこっちの筋肉を触って確認した感じでは、上腕三頭筋をはじめとして腕も緊張してるし、腰も突っ張ってるので、背中の緊張ってのも原因と言うよりは結果に近いのかもしれない・・・とこっそり思っております。

腕を真っ直ぐにしようとすると腰が反るなんてのは、腕と腰が連動しているからに他なりませんから、このあたりの柔軟性がないと腕は真っ直ぐにできない、という結論になります。

実際その後、ちょっと腰回りが緩みまして、そしたら今までより全然上がるようになりました。背中もまあまあ真っ直ぐで腕はあと15度くらいでしょうか。

一応、暫くは背中やお腹を緊張させないようなイメージでそ~~~っと腕を上げてみたりはしてみるつもりですが。。。

と、そんなことをやってみたところで、ダメなものはダメで・・・

しかし、初動負荷トレーニングの体験に行ったらちょっと改善したような・・・

本格的にトレーニングをして改善するようなら、また追記したいと思います。2018年9月末を過ぎても放置しているようなら効果が感じられなかったと思ってくださいw

浮力と重力とストリームライン

浮力は上に、重力は下に向かいますから、浮力と重力が離れていると、身体が回転し始めます。

通常、人間の浮力は肺で、重心はへそ辺りにありますから、どうしても脚が下がりがちなのです。

だからこそ、肺の位置に重心をできるだけ近づけることが望ましいのです。

肺とは胸の位置ですから、胸の上に体重を預けるイメージで、前のめり感を出して、脚は上げる意識で・・・何度もやってみましたけど、全然ダメです~今、どんなフォームになってるのか全く分からんし・・・けのびの撮影してもらいたいわw

ミゾオチは押し上げて、胸は巻き込む感じがいいみたい。

ただし、脚が下がり気味な人は、まずは伏し浮きの練習からです。伏し浮きが大前提で、その伏し浮きができたあと、次にストリームラインです。

なお、腰が反るのも伏し浮きができていない、もしくは伏し浮きのときの感覚で泳げていないことが原因だそうです。

手や足で水を押さえるようにといわれることもありますが、基本的には脱力です。

ストリームラインベルト

ストリームラインベルトというストリームラインを助けてくれるベルトがあるんです。買ったわけではありませんが・・・

ストリームラインベルトは、腿のつけ根を強く内旋させお尻の膨らみより下側に装着します。

要するに、お尻の下の太腿の筋肉を前に絞り込むようにするわけです。だったら、そんな意識でやってみたらいいんじゃない?というわけで、実際にやってみると、これがなかなかお腹に力が入る感じでいいのですよ。

ついでに、膝も閉まりますしね。

だからといって、けのびの距離が伸びたかというと・・・まあ、ボチボチがんばります。。。

ストリームラインに必要な柔軟性

ストリームラインに必要な柔軟性ってどこの柔軟性だよ?ってことが気になるわけですが、一口で言ってしまえば全身です。

一般的には肩周り・肩甲骨周りは良く言われますが肋骨周りの柔軟性はとても重要なようです。

肩甲骨を柔軟に動かすためにも胸郭・肋骨周辺の柔軟性は欠かせません。胸郭は呼吸をする上でも柔軟な方がいいです。そもそも健康な身体のためにも胸郭は柔軟であるべきなのです。

ところが、胸郭、肋骨の周りの肋間筋などは、とても硬くなっている人が多いはずです。

だいたいにおいて、動かす機会の少ない筋肉ほど硬くなっています。そして、普段運動をしない大人は肋骨を動かす機会などほとんどありません。呼吸の際に動きますが、現代人は総じて呼吸が浅いので肋間筋が大きく動くようなことはないのではないかと思います(素人の勝手な想像です)。

そういえば、肩こりもほとんどの大人の人は悩んでいるのではないでしょうか。この肩こりですが、肩を揉んでもあまり効果はありません。

むしろ、肘や腰をほぐした方が楽になります。

私など、踵を緩めたらとても楽になった経験があるくらいです。すなわち、肩こり一つをとってみても全身のあらゆる部分の筋肉の影響を受けているのです。

ですから、水泳では肩の柔軟性が必要だから、肩のストレッチを頑張ればいいと思うのは間違っています。とにかく全身を柔らかくしてやるべきで、キックは使わないから足首なんて硬くてもかまわないというのは、少々無理があります。

話がそれてしまいましたが、正しいストリームラインをするためには、まずは肩・胸・背中の柔軟性を取り戻す必要があります。

こういう部分の柔軟性は、色々な部位の稼働域が広がりますから、当然ながら泳ぎもダイナミックにしてくれます。一石二鳥ですね。

私個人的な話でいうと骨盤の角度が違うのかな?という印象です。椅子に座ってちょっと腰回りに力を入れて、骨盤の角度を変えてやると、なんかいい角度な気がするんです。

でも、骨盤の角度ってガチガチに固まっているので、そう簡単には変りません。椅子に座ったら少し動くようになったのは、最近になって腰回りの筋肉が緩み始めたからでして、それ以前はそれさえできませんでした。

やっぱり、腰は身体の要と書くだけあって、ここの筋肉の柔軟性も大事ですね。ここが動くようになればストリームラインができるとは限りませんが、だいぶ良くなるんじゃないのかなぁとは思っています。

そうはいっても一朝一夕にはいきません。これまでの人生経験の長さだけ身体が動きにくくなっている可能性があるのですから、焦らずじっくりやっていくしかありません。┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ〜

腹圧をかける為の呼吸

正しく腹圧のかかったストリームラインで進むためには、息を止めている必要があります。吐いてはいけません。

息を止めているときだけ腹圧がかかるのだそうですよ。大きく息を吸い、肋骨を広げて、息を止める。そのまま壁を蹴ってけのびです。

ストリームライン作りは最優先課題

大事なので何度も書きますが、水の抵抗の大きなフォームをしていてはどんなにチカラを入れても速くは泳げないのです。

だから志の高い人ほどストリームライン作りは最優先課題です。

ここを乗り越えられないと、どうしようもないので、地味にストレッチをしてみたりしながら、コツコツ頑張るしかありません。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ