平泳ぎはウィップキックで!背泳ぎは背浮きから!

先日、水泳教室なる6名ほどのグループレッスンに参加しました。

これは、各自が好きな泳法を選んで指導してもらうレッスンです。

私は、2コマ参加したので、1コマ目は背泳ぎ、2コマ目は平泳ぎを選びました。

自分の中では、クロール、バタフライ、平泳ぎ、背泳ぎの順に得意な感じですから、要は下手クソな2種目を選んでみたということです。

基本的には初心者向けの色合いの強いレッスンですから、ある程度完成度が高まるとコーチも指導しにくいだろうな・・・なんてことも考えましたw

というのも、以前バタフライを選んだときには「何か悩みがありますか?」と訊かれてしまいました。バタフライに関しては練習し始めて半年ほどですが、それなりに泳げているので、全体的には問題ないレベルだったらしいです。

 

背泳ぎは30年前から苦手のまま

背泳ぎは30年前に水泳を始めて以来、まともに泳げた試しがない泳法です。

そりゃぁ、以前より全然上達してますし、最近はさらに上達し、たぶん初心者の域は出たんじゃないかと自分では思っているんですが、それでも遅いことに変わりはなく、個人メドレーをするとなると最大の難関なのは間違いありません。

というわけで、背泳ぎを指導してもらいましたが・・・

背泳ぎは、背浮きの練習をしなさい!と言われてしまいましたw

超基本。。。そこからか?

顎を引きすぎていて、頭が立ってるらしいです。もっと寝かせましょうとのことでした。

たしかに腰は落ち気味ですけどね。

 

背浮きの姿勢が治れば他は大きな問題はない感じらしいです。

実は、コロナ禍で休む前はボロボロだった背泳ぎですが、休み明けに練習をしてみたら、ちょっとコツをつかんだみたいで、すっごく楽に泳げるようになっていたんです。

プールでよく会う背泳ぎマスターの方にも「泳ぎ方変わりましたね」って褒めてもらったくらいw

そんなわけで、背泳ぎは、背浮きを修正できたら初心者卒業です。。。

ちなみに現状は、50mを奪取して1分切れるくらい。普通に泳いだら1分~1分10秒くらいでございます。1分10秒くらいなら、結構長く泳げます。逆にどんなに頑張っても55秒は切れません。せめて50秒で延々と泳げるようになりたいなぁと思っています。

もしくは短距離をめっちゃ速く泳げるとか。でも、これはバサロ必須でしょうから、鼻から水が入ってバサロどころでない現状では難しそうです。

まずは、鼻から息を吐く練習から・・・

平泳ぎはウィップキックで

さて、平泳ぎです。

こちらは、背泳ぎよりは速いです。といっても大して違いはありません。

自分では、キックではそこそこ進めているので、後はタイミングかなぁ?と思ってレッスンを受けたのですが・・・

キックがなってない!と指導されてしまいました。

コーチはマスターズの指導をされたりもしますし、私にもマスターズで頑張れといっているくらいなので、マスターズを前提に指導してくれたのでしょうが、現状がに股のウェッジキックなのを、ウィップキックに修正する練習をひたすらやらされました。

ウィップキックってのは、膝をくっつけたままキックするような感じですが、私は内股に締まりが全くないので、これがなかなか難しく・・・

最後に「背泳ぎより平泳ぎの特訓が必要そうですねぇ」と悪魔の笑顔で帰って行かれました。w(( ̄ ̄0 ̄ ̄))wワオッ!!

まさか、平泳ぎの特訓が必要なのか・・・

まずは膝が開かないように、プルブイを挟んでキックの練習してくださいと、課題まで出されました。

ウィップキックって膝に負担がかかりますよねぇ~って他の方がおっしゃいましたが、コーチ曰く、私の膝はまだまだ余裕がありそうだから大丈夫じゃないかと言うことでした。さすがに膝関節に余裕がなさそうな人にはウィップキックの指導はしないみたいです。そりゃそうか。

負けず嫌いな私は、今日からプルブイを挟んでウィップキックの練習を始めるのでした。

本当は、背泳ぎの練習をしようと思ってたんだけどねぇ。

背泳ぎは、苦手なんですが、楽に泳げるようになったおかげもあり、いつでも呼吸できるというとてもありがたい泳法でもあるので、最近、お気に入りの泳法なんですよね。

それに、背泳マスターの方にくっついて泳げるように何とかしたいし・・・ちなみにこの背泳マスターの方は、50mを1分ほどで5,000mほど泳いだりします。ヾ( ̄o ̄;)オイオイ

私もクロールなら全然余裕で回れるんですけど。

タイトルとURLをコピーしました