痛くない脱毛方法は効果があるの?

脱毛は痛いというのはほぼ定説。

実際、痛いですし、痛いほど効果があるというものです。

しかし、最近の技術の進歩はめざましく、痛くないけど効果的な脱毛方法、脱毛器というのが登場しています。

最新機種故に効果の実績が乏しいので判断は難しいのですが、痛いより痛くない方がいいですし、そしてそういう脱毛器は、トライアスリートのような日焼けで真っ黒な肌でも対応できるので、実はアスリート向けだったりするのですw

ハイパースキン脱毛

従来の脱毛方法は、今生えている毛や毛根に高温の熱を伝えることで毛根を破壊するので、細胞が破壊されることでどうしても痛みが生じます。加えて、熱による火傷や肌乾燥、毛嚢炎などが起きる可能性があるのです。

そして、細胞を破壊することから身体に負担がかかることもあり、連続して施術することはできませんので、2~3ヶ月に1回のペースが通常で、全身脱毛をする為にはとてつもなく長期間を要します。

ハイパースキン脱毛というのは、今生えている毛にはアプローチしません。代わりにバルジ領域に弱い光を当てて、生える前の発毛因子を消滅される施術方法になります。成長期ではなく休止期に再毛をとめる方法なんです。

この施術には高熱が不要で38度程度の温度で施術することもあり、痛みは全くありません。寝てしまうくらいだという口コミもあるくらいです。寝てしまうといっても気絶するんじゃありませんよw

肌トラブルに関しても心配ないというよりは、コラーゲン生成促進による美肌効果まで期待できるそうです。(^_^;)

肌への負担がないので、2週間~4週間のペースで施術することもできますから比較的短期間に全身脱毛することが可能です。

このようにトラブルの少ない脱毛方法ですから、なんと3歳の子供から施術することができるくらいです。死ぬほど痛いといわれる医療レーザー脱毛を3歳児が受けるなんてことはできませんから、ハイパースキン脱毛が如何に痛くないかというのがわかるのではないでしょうか。

ん?なんか営業しているみたいですが、痛いのが怖い私はかなりグラッときています。。。

それから、脱毛というとレーザーを当てる前にジェルで冷やすのですが、これが意外に辛いんです。ところがハイパースキン脱毛なら冷やす必要もありませんから、このジェルでの処理も不要です。

日焼けした肌でも問題ありませんし、産毛や白髪でも大丈夫です。

ただし、毛周期自体は変りませんから、脱毛の効果を実感する期間としては従来の脱毛方法と殆ど変りません。

また、休止期にアプローチする脱毛方法ですから、施術後に毛が抜けるというような効果はありませんので、効果を実感するまでにタイムラグがあるのが難点です。ですから、ハイパースキン脱毛は効果がないと思う人も少なくありません。

効果を実感するまでには少なくとも半年くらいはかかると思っておいた方がいいのと、脱毛回数も比較的多めになります。

ヒゲ脱毛もできません。ヒゲは髪の毛と同じように放置しておくとずっと伸び続けるので、他のムダ毛とはやや異なるのです。従ってヒゲ脱毛は残念なことに対応できないのです。

SHR脱毛

これもハイパースキン脱毛と同じくバルジ領域にアプローチする脱毛方法です。

しかし、名前が違うように若干異なります。

ハイパースキン脱毛は毛周期の休止期にあせて照射する必要がありますが、SHR脱毛の場合は毛包全体にアプローチするので、毛周期に関係なく照射できます。

痛くない脱毛方法でツルツルを求めてはいけない!

痛くない脱毛方法自体登場したばかりです。そもそもレーザー脱毛にしてもまだまだ20年ほどの歴史しかありません。効果がどの位あるかはよく分かっていません。

でも、痛くない脱毛は脱毛しに行く日に凹まなくてもすみます。

「今日は脱毛か~あの痛みがまた来るのか~」などと考えていると億劫になりますが、痛くない脱毛ならマッサージにでも行くような気分で通えます。

月に1回のペースで1~2年通うつもりなら気分も楽でしょう。

しかし、脱毛の効果という点では、やはり痛い脱毛と比較すると物足りないかもしれません。

ツルツルでないといや!という人は痛い脱毛に通うことをおすすめします。

もしくは、ちょっと費用は高くなってしまいますが、最初に痛くない脱毛に通ってムダ毛が薄くなってきた後、気になるようなら永久脱毛に行く、というのがいいのかもしれません。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

2019年9月19日全身脱毛全身脱毛全身脱毛

Posted by encoo