まっすぐ泳げない原因はレントゲンで判明

カイロプラクティックに行ってきました。

パーマー系カイロプラクティックにつき、レントゲン撮影もしてきました。

レントゲンを見ながら説明していただきましたが・・・

クロールで右に寄ってしまうのが治らない

私はクロールで泳ぐときに、右に寄ってしまう癖があります。

泳ぎ方でなんとかするように、プライベートレッスンでは指導されました。

しかし、実際に練習してみても、なかなか思うようにはできませんでした。

1年ほど試行錯誤していたのですが・・・(ーー;)

整体で、首の右側がヘチャゲてるなぁ。といわれていたのも気になっていたので、一度レントゲン撮影してみたいなぁ~と時々思っていました。

 

カイロプラクティックに通うにあたり、レントゲン撮影をしてきました。

そして、先生にレントゲンを見ながら首の状態を教えていただきました。

 

レントゲンから見る私の背骨の現状

頸椎の6番が、ズレていました。

これが邪魔をしているせいでストレートネックになっているようでした。

首が緊張しているのも、このズレが原因のようです。

逆に言うと、このズレが正しく治まれば、ストレートネックが治り、そして、念願のスウェイバック改善に近づきそうですw

そんな上手く行くかどうかは分かりませんけどね。

そして、一応、治してくれました。かなり周辺の筋肉が硬かったみたいです。

若干、骨に棘が出てきてる感じでしたが、大問題というほどのレベルではなさそうでした。

整体師がへちゃげてると表現するのも理解できるとカイロプラターもおっしゃってたので、へちゃげてる首の原因は第六頸椎だったとみて良さそうです。

正直なところ、レントゲンを見るまでは、椎間板がすり減って無くなってたらどうしようとかいろいろ考えていたのですが、医学的には殆ど問題ない状態だそうです。

 

さらに、上部頸椎。こちらも医学的には問題なし。しかしカイロ的には大問題があるようでした。

たしか第二頸椎だったと思うのですが、これがちょっと斜めっているようでした。(他にも何か言われたような気がするが・・・)

カイロプラクターが引いた線を目視すると5度くらい?もうちょっと小さいのかな?全然分かりませんが、その位、頭蓋骨が傾いていました。

首は当然、頭に対して傾いて伸びているので、首が傾いているということです。

 

証明写真を撮るときに、まっすぐ前を向いているにもかかわらず「首が右に傾いていますからまっすぐしてください」と若い頃から言われてたのですが、きっと、これが原因ですね。

ということは、10代の頃のには既にこの傾きがあったということになり、となると50年の2/3くらいは傾いた首で生きていたことになります。(ーー;)

 

胸椎から下の背骨に関しては、まあ多少問題はあるものの大きな問題は無いので、当面は頸椎のズレを治すことに専念して、後は様子を見ながらということになるようです。

素人考えでも、首が斜めっているのなら、背中の背骨は逆方向に斜めるのは当然の成行でしょうから、胸椎から下が歪んでいるのは頸椎の歪みが治れば治る可能性が高まるというのはとてもシンプルです。

ということに、期待しておきましょうw

 

首が斜めっているのだからまっすぐ泳げないのは当然の成行

素人考えになりますが・・・第六頸椎が左にズレていることで、首が右に傾きます。首が右に傾くので、頭蓋骨は左に傾くという流れではないかと思います。

そして、首が右に傾いているので、バランスを取るためには胸椎も右に傾く必要があるでしょうから、背骨はくの字型になってしまいます。

車の車軸がまっすぐではなくて、くの字に少し曲がっているのですから、回すとかっくんかっくんして、綺麗にコロコロ転がるわけはないですね。

この車軸が身体の軸ですから、この中心軸の状態で、綺麗にローリングしてまっすぐ泳げと言われてもできないのは仕方がないというものでしょうw

だいたい、頭が右に曲がった状態でまっすぐ泳げという方が無理でしょ。頭の方向に寄っていくのは必然ですよね。

ついでに、頭が右に傾いているのだから右荷重になるも致し方のないところという気もします。

 

こういうのはレントゲンを撮ったことではっきり認識できたのですが、レントゲンなしだとなかなか分かりにくいモノです。

実際、整体師でも、こういう歪みに関しては原因が分かっていないようでしたし・・・

ましてや水泳のコーチがそんなことに気づくわけもなく・・・気づいたら怖いわw

やはり自分の身体は自分で理解しておくしかありませんね。

日頃のメンテナンスは重要ですよw

というか、大人が水泳を、いや、スポーツを本格的にやるのなら、骨の歪みは徹底的に取り除かなくてはならない!と私は確信しています。

もちろん子供も同様なのですが、子供の場合は大人ほど歪んでいないでしょうから、まあ、何とかなる子も多いというだけの話です。

ただ、言えるのは、恐らく近視の子は、どこかしら歪んでいる可能性が高いと私は思っているので、一度レントゲンを撮って確認して見た方がいいのかもしれません。

私の子も、3人の内2人が近視なので、本人の同意が得られれば一度つれて行ってみたいと思っています。

 

それはともかく、首が斜めっているのを泳ぎ方で修正するなんて、とても大変な負荷がかかってしまいます。やはり身体はできる限り正常な状態にするのがパフォーマンスアップの最重要課題です。

 

ストレートネックと、身体が右に傾く問題が解決しそうな気になってきましたよw

そういえば、今回第六頸椎のズレを治してもらっただけで、上がりにくかった左腕が右腕と同じ位置まで上がるようになりましたから、左腕の力が入らないとか痺れるなどの不調も治る可能性がでてきました~~~

ただ、身体がなかなか慣れてくれませんので、バランスが悪く、軽くめまいがします。好転反応と思っていますが、これが続くとなると気が重いです。。。

不眠症はまだまだ

一応カイロプラクティックに行ったのは、こういうのを知りたいという欲求は当然あったのですが、不眠症が最大の懸案でした。

私の不眠症は10代の頃からです。

そして、レントゲンでみた首が斜めっているのも、証明写真の問題から、10代からのようです。

10代で大きな身体への衝撃というと、中学の頃に自転車で転んで左手首を骨折したことくらいです。

この頃から寝付きが悪くなったのか、その前からだったのかは定かではありませんが、少なくとも視力が悪くなり始めたのは、中学2年くらいだったように記憶しています。

となると、この上部頸椎の問題が解決できるようなら、不眠症も改善される可能性があるようです。

カイロプラクティックで治療するのは、首です。首から近い箇所ほど改善されやすい傾向にあるのは間違いないようで、不眠症や眼精疲労などが改善される可能性はあるらしいです。

1回目の施術で第六頸椎のズレを治した?!

一回目の治療が終わった段階ではあまり身体に変化は感じていません。それでも、夜中に目が覚めにくいような気がしなくはないが・・・(ーー;)

あ、でも今、頭が傾いています。首もよく見るとまだ若干右に傾いているようです。(暫くは戻るのは致し方のないところでしょうねぇ)

第六頸椎のズレを治したので、右に傾いていた首が左に傾いたと思われます。結果、まっすぐになった筈ですが、私の身体は首が右に傾いているのが普通ですから、現状、感覚的には首が左に傾いています。

そして、第二頸椎は治してもらってないかと思ったら、そうでもなくて、なかなか治すのが大変な位の歪みだそうなので、すぐ戻るようで、頭蓋骨が若干ですが左に傾いているのです。(ーー;)

レントゲンで見ても若干の傾きですから、たぶん、感覚と同じような気がしますw

加えて、頭蓋骨は、斜めっているだけではなくて、左横を向いてしまっているらしいです。

クロールの右呼吸後、左手入水時に顔がどうしても横を向いてしまうんです。左呼吸の時は、右に顔が向くことはなかったので、ちょっと変だなとは思っていましたが、まさか頭蓋骨が横を向いてしまっているとは・・・そりゃ、首の筋肉も硬くなりますよね。

ストレートネックも改善!しかし・・・

カイロプラクティックに通い出して早2ヶ月が経過しました。

第六頸椎のあたりはほぼほぼ治ったようで、もう戻ることもなくなってきたようです。ようく見るとまだ若干曲がってる気がしますが・・・

上部頸椎については、こちらも6~7割は治っている感じなのかな、というところです。

ところで、第六頸椎のズレを治して貰ったので、ストレートネックのもかなり改善してきているようで、頭蓋骨の位置が前から後ろに下がってきたようです。

ところが、首だけが後ろの下がってきたので、どうも顔がやや上向きな感じですw

最初にズレを治してもらった時に、やや左を向いている感じがしてたのと同じようなものなのでしょうか。

今はやや上向きで、前から写真を撮るとかなり上を向いていることが分かります。

それを修正しようとすると、結構頑張らないとできないですし、加えて二重顎になってしまいます。(ーー;)

この上を向いているというのももしかすると上部頸椎のズレが原因なのでしょうか。今度カイロに行ったら訊いてみようということで訊いてみました。

要約すると、骨がズレているとかそういう問題では無いそうです。やっぱり単純に筋肉がストレートネックのままで固まっているのが原因でそのうち戻るだろうという話でした。たぶん。私はそういう風に受け取りましたw

とにかく今は、首周り、腰回りの固い筋肉に負荷がかかる姿勢になりつつあるので、本当にしんどいです。

いつも行っている整体師が、「身体を変えるのは大変」なんてことを言ってましたが、本当に大変です。

余談ですが、O脚の矯正を希望する人も、しんどくて途中で挫折する人が多いそうですよ。O脚の矯正も身体を根本から変えなくてはならないから結構しんどいらしいです。

ですから、安易に姿勢を良くしたい!なんてことは思わない方が幸せなのかもしれません。

私の場合は、ある程度覚悟の上でやってるのですが、それでもしんどいです。(ーー;)

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ