腰が動くとクロールはスピードアップするらしい

最近、腰が凄く動くようになってきました。

まだまだ捻れているのですが、それでも無理矢理動かそうとすると腰の筋肉が動くようになってきたようなのです。

腰を動かそうとすると、全身が突っ張る

なんでそんな話から入ったかというと、腰が動くようになってから、クロールのフォームがまた少し変化しました。

初めて腰が動き始めたときは、バランスが崩れてしまったまっすぐ泳げなかったのですが、次第にそのバランスにも慣れてきて、そうこうしているうちに更に腰が動くようになってきました。

腰が動くと嬉しいので、ちょっと無理矢理泳ぎながら動かします。

そうすると、当然の如く、バランスが崩れるのですが、この腰を動かす動作というのは、陸上と水中では微妙に違うようで、水中で動かすと、クロールに必要な身体全体が、なんというか、突っ張るんです。

突っ張ってる筋肉が動くようになると、更に大きなフォームなるので、そこをまた無理矢理動かそうと、目一杯力を入れて動かします。

そうすると、当然、バランスが崩れてとんでもないフォームで泳いでいることになるわけですが、まあ、練習なので、遅くなったって問題ありませんね。

後ろに誰かが泳いでいる時にはさすがにしませんが・・・

腰が動くと全身を使って泳げるらしい

さて、本題です。

腰が動くようになってくると、リカバリーから入水にかけて、腕を前に伸ばすときに、腰も前に動かすことができるようになりました。

この感覚が正解なのかどうかは分かりませんが、動くのが嬉しいので、今はそのようにしています。

腰も腕と一緒に前にいくと、重心がその腕側に移動します。

これまでは、脇の下に体重を載せるイメージで泳いでいたのが、今は腕から背中、そして足までに体重を載せている感覚です。

右腕を伸ばしている時は、右腕、広背筋の右半分、そして右のお尻、右の脚に全て体重が乗っているような感覚になります。

今までは上半身だけで泳いでいたのが、下半身も使って泳いでいるような感覚です。

そして、この感覚で泳ぐと、50mは5秒くらい速くなりましたw

す、す、凄い。

慣れない動きなので、ずっとその感覚で泳げませんし、腰が動くようになるまでにウォームアップに1,000mくらい必要だったり、さらには左半身はまだ上半身と下半身が分断されているとかまだまだ問題は山積みですが、それでも新たな感覚に、今感動しているところですw

もう、50mを50秒以内で泳げるようにはならないのかと思っていたら、50秒を切れるようになってきて、ちょっと調子に乗ってます。

これ、左半身も右半身と同じように動くようになったら45秒はいけるんじゃねぇ???

キックもちゃんとできるようになったら、プルもちゃんとできるようになったら、40秒切れるんじゃねぇ???

そんでもってストリームラインできるようになって、けのびで15mくらいいけるようになったら35秒くらいで泳げるんじゃねぇ???

キックもちゃんとできるようになったら30秒で泳げるんじゃねぇ???
妄想は止まりません。。。

腰周りが安定しないと疲れる

余談ですが、腰回りの筋肉は、身体にとって要になるぶ部分です。腰という感じが、身体の要という字になっているのは本当によくできた漢字ですw

従って、腰が、非日常的に動く状態というのは、とてもしんどいんです。

腰が動くと確かにパフォーマンスは上がると思いますが、日常生活に支障がでるくらいしんどかったりしますので、腰回りを緩めるのはそう容易くありません。

加えて、そういう箇所ですから、緩めるにしてもなかなか手強く、私も腰回りを緩めようとし始めて早1年。ようやく動き出しとところです。

ここまで動くようになると、後は案外早いのかなぁと思っていますが・・・錆び付いた車輪がようやく少し動き始めたところ。後はちょっとずつ動かして、滑らかに動くようにするだけです。

腰は、腰だけではなくて、他の筋肉の影響も受けるし、他の筋肉にも影響しているので、とにかく身体の要ですから、ここから全身の動きがよくなりそうな、そんな感覚が実際あります。

腰が動くようになってから、肩甲骨周りの筋肉もすこし動くようになってきましたし、脚の方も動きがよくなってきました。

本当に楽しみな1年になりそうです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

水泳クロール水泳

Posted by encoo